麹.JPG

薬食同源

麹は人の身体によいと言われていますが

活用方法がいまいちわからずに活用出来てない。。ということを

言われることがあります。

腸内細菌の善玉菌を増やす働きがあるといわれている麹。

パンの発酵だけではなく、料理にも入れることで

​深みのあるしみじみした味わいになります。

​麹とは・・

稲の穂についた

黒い玉=稲霊(いなだま)をとって培養すると

稲麹が出来ます。

麹菌・・・カビの一種で、糸のような菌糸を作るので『糸状菌』ともいう。

麹の語源・・・ 昔、蒸した米にカビが生えることを『加無太知』『加牟多知』と呼んでいた。

 日本の発酵食品には麹が使われています。

 麹は、蒸した穀物(米・麦・大豆など)に麹菌というカビの胞子を植えて、35℃くらいで培養することで出来上がります。

―麹を使って出来る食品―

日本酒、焼酎、味噌、醤油、みりん、米酢甘麹、塩麹  

ー世界の麹ー

 

麹菌はカビの仲間なので、湿気の多いアジアに

のみ存在します。

 

 

・日本   ・・・麹 コウジカビ (日本独自の製法)

 

・中国   ・・・チェイ

・台湾   ・・・カ

・朝鮮半島 ・・・ゴッジャ

・タイ   ・・・ルクパン

・フィリピン・・・ブボット     クモノスカビ

・ネパール ・・・ムルチャ

・インドネシア

・マレーシア  ・・・ラギー

・ベトナム

 

*麹の生産する酵素

 麹菌が繁殖している麹は、100種類以上の酵素を含む酵素の塊です。

 

 

 -麹に含まれる酵素―

プロテアーゼ・・・タンパク質を旨味成分のアミノ酸に分解。

これらの酵素により、食べ物が消化吸収

しやすい状態になります。

 アミラーゼ ・・・デンプンを甘みとなるブドウ糖に分解。

 

アスペランチン・・・繊維と脂肪を分解。

 

麹を摂って腸を元気にしましょう!

*腸内バランスについて

 腸内では善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いをしており、善玉菌を増やすことが、健康にはとても重要です。

 麹は善玉菌を増やし、腸内環境を良好にします。

 

☆セロトニン・・・脳の中の神経伝達物質であり、腸で70%作られている。

不足するとうつ状態になることもある。腸内バランスが良くなると満たされる。

 

☆常在菌・・・人間の体の内外の表面(腸・皮膚など)にいる菌で、体を守ってくれている。

善玉菌・日和見菌・悪玉菌は常在菌の一種。

 

☆絨毛 ・・・腸の中にある突起。ここから食べ物の栄養を吸収し、血液が作られる。